ご縁カウンセラーMiyukiの

婚活ぶっちゃけエピソード(実話)

※続々と更新する予定です。

Miyuki 丑年生まれ

ウッカリ39歳で離婚しスッカリ傷心。ド根性で40歳で婚活を始めるもアラフォー女性への風当たりの強さに困難を極めた。諦めた矢先の恋にウッカリ鼻息の荒さを見せ、おののいた相手に振られる。反骨心からさらに婚活にいそしみ、数々の知見を得る。ある日ハイスペック年下男性から奇跡のお申し込みを受け交際へ。「40代女性の婚活は絶望的」の不文律を打ち破った。

「エベレストより高い」と言われた理想の条件、そんなに望んでいられないのだと手放した、その条件すべてを兼ね備えるどころかそれを超える人に出会えるなんて!

そしてまた雲行きが怪しくなり…。

 

Episode1

 

201711月 NAGOYAOMIAI

 

結婚相談所に入会して2か月。気が乗らないお見合い申し込みばかりが続き、「贅沢言ってられないのかな~」「会ってみないとわからないし」と自分に言い聞かせてお受けした、絶対に好みのタイプではない50代男性。ホテル高層階のスカイラウンジ203で待っていてくださったのは、写真どおりの太っていて、薄毛の方。それ以上に「ないわ~」と決定打になったのは帰り際、立ち上がって、イセタンの紙袋みたいな柄のジャンバーをはおった姿。寸足らずのパンツにリックサック。

前に友人Mちゃんが言った言葉を思い出す。「ホテルでのお見合いにリュックしょってきたバカがいた。」と。Mちゃ~ん(涙)。

 

Episode2

 

20195月 TOKYONET

 

再婚希望者限定のマッチングアプリがリリースされ、さっそく登録。当時の男性登録者は13人しかいなかったけど、すぐ申し込みが入った。えっ、2回離婚している人…。離婚1回は、もしかしたら相手に非があったのかもしれないけど、2回って…、あんまないよねぇ?ってことで、スルー。次に申し込んでくれた人は、顔写真のかわりにイラストを掲載していたので、老い具合とかハンサム具合がまったく見当つかない。メッセージ交換の段階で、いきなり告白され、とりあえず会ってみることにした。表参道駅の出口、待っていたのは…theオッサン! 青ひげで、白髪はそのままで…。きびすを返してトンズラしようと思ったけど、私の目印としてお知らせしてあった、当日着用の赤いスカートが、そうはさせなかった…。涙。

 


Episode3

 

20179月 NAGOYABUS TOUR

 

お見合いバスツアーに初めて参加して、マッチング。見た目の印象も、コミュニケーションも、プロフィールに書かれていた内容も、まあ合格ライン。数日LINEでメッセージのやり取りをして、電話で話す間柄に。ある日電話で、バスツアーでのプロフィールが空欄であった「婚歴」について、2回離婚しているのだと聞かされた。恥ずかしかったから(書かなかった)、と。

 

「友だちがぁ~、(結婚を)諦めるなって…ズズッ(音)、励ましてくれて~~。ともだちがぁ…。」

(泣くなよ。なんだよー、友だちって。)

Episode4

 

 20181月 TOKYOBUS TOUR

 

 再び名古屋でのお見合いバスツアーに参加したら、前回と同じ顔触れが重なり、例の泣き虫男もいた。その日は私の友人も参加していて、彼女が以前参加したツアーにもその泣き虫男がいたと教えてくれた。リピート率高し。だから、捜索範囲を広げようと、東京発のバスツアーに参加することにした。「えっ! 名古屋から来たの?」って、男性たちの印象には残ったみたいだけど、マッチングには至らなかった。ツアー中、観光やグルメをみんなで楽しみ、女性とも親しくなる。ツアー経験豊富な私が女性たちにレクチャーする中で、いただいた称号「女子の一番人気!」。

(テヘッ。 )


 Episode5

 

20179月 NAGOYAPARTY

 

男女ともゆかた着用が条件のパーティー。ゆかたを着る男性なんて、粋じゃない?と期待して参加。結果は、誰ともマッチングせず。せっかく着たゆかただから、意味もなく街をぷらぷら。記念に自撮り。その写真はのちにマッチングサイトで私のプロフィールを飾る写真となった。

 Episode6

 

 2018年8月 TOKYONET

  

マッチングサイトに登録して、初めての申し込みをもらった。年齢が近いし、条件もいいのでメッセージのやり取りを開始。男性のプロフィールに書いてあった「禿げてません、太ってません」に笑ったけど、気になるのは「仕事はめっちゃできます!」って書いてあった点。(え、マジ? こういうことって言わない人の方ができるもんじゃない?)と思いつつ。

 駅の改札で待ち合わせて、男性はさっさと先に階段を上っていった。その後ろ姿に、(Miyuki・心の声)「太っとるやん!」。いきなりの焼き肉屋。肉を焼くとき頭を下げた、彼の頭頂部は(ちMiyuki・心の声)「薄くなっとるやん!」。

 


 Episode7

  

20149月 NAGOYAPARTY

  

離婚後立ち直って、出会いを求めるようになった私は、友だち二人を誘って職場の労働組合の連盟が主催するパーティーに参加した。1対1のトーク時間には、別れ際に(男性)「Miyukiさん、きれいですね。」と。(私)「…。」 パーティー前の男性向けレクチャーか何かで言われた教えを守ったんだろうな…と。席は、私、友だち、友だちという並びだったので、あとから友だちに聞いたのは「Miyukiががんばって話してたんだから、私もがんばろう!って思って(一生懸命キモい男と会話をつないだ)。」と。一番恐怖だったのは、椅子取りゲーム形式で、男性が女性の隣の席に座るというもの。女性は目を閉じさせられ、よ~いドン!で男性が意中の女性の隣に座ります。目を開けるとそこには、「なんでよ~?」という、どう見ても“どんくさそう”な男性。私と目が合ったその男性は、満面の笑みで椅子をお尻にくっつけてギコ・ギコと距離を詰めてくる。「やめてえ~~~!」。この人、めっちゃ足速いの? それとも私の隣は、誰も座りたくなかったの?

(エ~ン。)

 

 Episode8

  

2018年9月 TOKYOPARTY

  

再婚者又は再婚に理解ある人限定のパーティーに参加。男性は25人もいて、一人あたり1分半程度で全員とトーク。だから、一番最初に隣の席にいた人が記憶に残りやすく、8歳年上のその男性とマッチング。私は気が乗らなかったけど、その後初めて会うのがなんと隣の県までのドライブ。私が平日休みなので、男性は休みをとってまで。車を降りて、水たまりをまたぐタイミングで手を取られたとき、嫌な予感的中してそのまま手を握り続けられた。このあと帰りの長い道のりがあるから「放して」と言って雰囲気を悪くできなかった(もうっ!)。一番腹が立ったのは、来月佐賀に出張があるから一緒に行かないかと言われたこと。そのうえ、(出張後にあたる)土日の休みをもらえるように明日職場に入ったら聞いてきてと言う。まさか九州の佐賀県じゃないだろうと、この展開おかしいだろうと「サガってどこですか?」とは言えず「サガって何があるんですか?」と尋ねた。やっぱり九州の佐賀県だった。私、好きって言いましたっけ? 私たちもう付き合っているんですか? パーティー参加者25人のうち一番マシだっていうだけ。彼氏気取ってんじゃないわよ~!