· 

ブルーインパルスの飛行 私が感謝するのは

5/29、新型コロナウイルスに対応する医療従事者へ謝意を示す、ブルーインパルスの編隊飛行が東京の都心上空で行われました。医療にかかることなく、外出自粛を続ける健康な私が感謝したいのは、

コンビニエンスストアとスーパーマーケット、そしてドラッグストアの店員さん達です。

 

もしオフィスの隣にあるコンビニとスーパーが閉鎖してしまったら! そんなことになっては、例えテレワーク中でも自分の仕事ができないほど困ってしまいます。お店の方には緊急事態下にあっても、日夜、不特定多数の接客をして、こうして食べ物や飲み物、トイレットロールやマスクを仕入れて売ってもらえるのは本当にありがたいです。どうか、アルバイトさん含め、誰も感染せずに無事に営業を続けてください。

という思いを込めながら、東京タワーの近くを舞うブルーインパルスを鑑賞していました。

 

その昔、岐阜県各務原市へ「岐阜基地(各務原)航空祭」を一人で観に行ったことがあります。自宅から駅まで自転車で坂を下りながら、上空の月(朝です)を眺めていたらハンドル操作を誤り、植え込みに突っこんでしまい、草木で顔を擦りむきました。おいおい…って。そんな話ではなく、大空に夢と感動を描くブルーインパルス。右へ、左へ、下から上へ、スピードと轟音に驚きの技術で感動ひとしきりでした。これをするまでにどれほどの訓練と努力をしてきたのだろうという背景を思い、涙が出るのです。私はとても涙もろくて、同じ理由でブラスバンド演奏とかマーチングバンド、チアリーディングを見ても泣けます。

さて、ブルーインパルスは1964年のオリンピック開会式でも飛行したのですね。2021年、東京で描かれるスモークの五輪が見られることを楽しみに待ちたいです。