代表profile(ウラ)

Miyuki

世のため人のために、自分を後回しにするウッカリ女子の代表(自称)

  30歳で結婚。結婚生活の途中2年間、海外に単身赴任して夫と距離をおいたおかげで婚姻関係を持続でき、帰国後は感謝の気持ちをもって夫婦生活を送っていたものの、ウッカリ39歳で離婚。スッカリ傷心し、40歳で立ち直って婚活を始めるも時すでに遅し。婚活市場におけるアラフォー女性への風当たりの強さに持ち前のド根性で立ち向かうが、困難を極める。諦めた矢先に恋が芽生えるが、ウッカリ鼻息の荒さを見せ、おののいた相手に振られる。反骨心から一心不乱に婚活にいそしみ、数々の知見を得る。同じく婚活が難航する同世代女子を応援したい想いで、長年勤めた市役所を退職し、上京。銀座で結婚カウンセラーの職に就き、メキメキと手腕を発揮し顧客満足度No.1カウンセラーとなる。満を持して、このほど開業。